2018年01月一覧

水彩紙~コットンパルプ100%の水彩紙を紹介!(海外&国内)

水彩紙でコットンパルプ100%のものを紹介しています。海外ではコットンパルプ100%の水彩紙が数多くあります。有名な水彩画家達が愛用する水彩紙や700年以上の歴史ある水彩紙など、様々な水彩紙があります。日本製のコットンパルプ100%の水彩紙は数少ないですが、手に入りやすいのと値段が手ごろというメリットもあります。各水彩紙の長所・短所も載せていますので、自分に合った水彩紙が見つかると良いですね!初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水彩紙のタイプとキメ(肌理)~用途によって使い分けると便利

水彩紙のタイプとキメ(肌理)について紹介しています。水彩紙にはスケッチブックタイプやブロックタイプと言ったタイプの違いが色々あります。それらのタイプを用途によって使い分けると安く済んだり、便利なことがあります。また水彩紙のキメ(肌理)も同様で、表面の凹凸具合の違いによって作品づくりに影響してきます。水彩紙の特徴についてあらかじめ知っておくと便利です。初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水彩紙の保存方法~水彩紙が風邪をひくとは?湿気に弱い水彩紙

水彩紙の保存方法について紹介しています。水彩紙を買ったあと、どこに置いていますか?そのままずっと置いておくと、水彩紙の特性が失われてしまいます。それはどういうことかと言うと、水彩紙は湿気に弱いのです。特に湿気の多い日本では、水彩紙は風邪をひいてしまいます。風邪をひいた水彩紙は、再び乾かしても元のようには戻りません。水彩紙が風邪をひくとはどういうことでしょうか?オススメの保存方法とは・・・?初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水彩紙の種類とは?コットンパルプと木材パルプの違いについて

水彩紙の種類について紹介しています。水彩紙は作品にもっとも影響の出る画材です。透明水彩初心者にとって、数ある水彩紙の中からどの水彩紙を選ぶか、とても迷ってしまうことだと思います。水彩紙の素材や特性を最初に知っていれば、作品づくりに活かすことができます。自分の作品をどのように仕上げたいか、水彩紙の特性を活かした水彩紙選びをすることができるようになります。初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク