2018年02月一覧

水彩紙比較レビュー!身近な水彩紙5種類で試しました!

水彩紙5種類をレビュー!実際に使ってみた感想を紹介します。今回は身近に手に入りやすい5種類の水彩紙を試してみました。本格的な水彩紙というよりは、近所のお店で買えるような5種類の水彩紙です。比較の方法はにじみとグラデーションです。楽しく水彩できるなら、安い方がお得ですよね。果たして結果は・・・?初心者の方は参考にしてみてくださいね♪

透明水彩絵の具の色々~国内メーカー品を紹介します!

透明水彩絵の具の国内メーカー品について紹介します。透明水彩絵の具は、数多くの国内メーカーから販売されています。国内のメーカーのものは、手に入りやすく、高品質、そして値段もお手頃なものが多くあります。どの絵の具を買うか迷うくらいありますが、透明水彩絵の具であれば、違うメーカーの絵の具を混ぜて使っても大丈夫なので、まずは気軽に選んで使ってみましょう。それぞれのメーカーの12色セットに注目して、特徴、価格、色名を載せています。初心者の方は参考にしてみてくださいね。

透明水彩絵の具の特徴~透明水彩と不透明水彩の違いについて

透明水彩絵の具の特徴や、透明水彩と不透明水彩の違いについて紹介します。透明水彩絵の具は、何で出来ているか知っていますか?小学生の頃に、誰もが使ったことがある絵の具とは少し違います。児童用の絵の具は半透明水彩になります。透明水彩と半透明水彩、そして不透明水彩のどこがどう違うのか、また透明水彩の特徴を紹介しています。特徴を知ることで、透明水彩絵の具をさらに使いこなすことが出来ます。ぜひ作品づくりに役立ててくださいね!初心者の方は参考にしてみてください。

水彩紙~コットン+木材パルプ等の混合水彩紙を紹介(海外&国内)

水彩紙でコットン+木材パルプ等の混合水彩紙を紹介しています。日本では、コットン+木材パルプの水彩紙や木材パルプ100%の水彩紙の方が多く販売されています。手に入りやすいですし、価格もコットンパルプ100%の水彩紙よりも安く買うことが出来ます。木材パルプの水彩紙でも、良質なものが沢山あり、プロも使っているものもあります。それぞれの水彩紙の特性を知って、自分に合った水彩紙が見つかると良いですね!初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク