2018年12月一覧

W&N透明水彩絵の具を実際に使ってみた感想を紹介します

W&N(ウィンザー&ニュートン)透明水彩絵の具を、実際に使ってみた感想を紹介します。透明水彩絵の具と言っても、色んなメーカーがそれぞれに絵の具を出していますので、どれを買おうか迷いますよね。今回はイギリスのWinsor&Newton(ウィンザー&ニュートン)から出ている透明水彩12色入り5mlを使ってみました。12色中で白と黒を抜きにして、10色全体でかなり鮮やかな構成になっています。特に黄色、赤色、青色、紫色が鮮やかで綺麗です。中でもニューガンボージの黄色が面白いです。使用感や実際に色を塗ってみた写真と共に紹介していますので、初心者の方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

透明水彩初心者向け~干支イラスト(イノシシ)を描いてみよう!

透明水彩初心者向けに、干支イラスト(イノシシ)を気軽に描く方法を紹介します。普段は描くことはあまりないイノシシですが、干支として年賀状に登場しますね。透明水彩絵の具は、ホルベインの透明水彩絵の具を使います。バーントシェンナまたはバーントアンバーの1色だけ使います。おにぎり形(顔部分)+葉型(耳部分)+楕円(鼻・目・キバ部分)で、イノシシの顔を簡単に描くことが出来ます。写真と共に紹介していますので、初心者の方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

水彩筆馬毛の丸筆~実際に使ってみた感想を紹介します

水彩筆馬毛の丸筆を実際に使ってみた感想を紹介します。水彩筆と言っても、色んなメーカーがそれぞれに筆を出していますので、どれを買おうか迷いますよね。そんな中から、今回は馬毛の丸筆を選んで試してみました。使ってみた感想としては、水や絵の具で濡らして描いた時、柔らかく抵抗感なくスラスラと描けました。馬毛の水彩筆はよく見かけて、しかも値段が手頃なので手にしやすいです。それぞれ5項目に分けて試しています。写真と共に感想を載せていますので、水彩筆選びに迷ってる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク