水彩筆の乾かし方~身近なものを使って乾かす方法を紹介します

水彩筆の乾かす方法を紹介します。水彩筆を使って洗い終わったあと、どこかに吊るして干しておきたいですよね。でも、水彩筆には書道筆のように掛け紐が付いていないので、どうやって吊るそうかな?と少し悩んでしまいますよね。今回は、そんな時に身近なものを使って水彩筆を吊るす方法を紹介しています。簡単で便利な方法をいくつか載せていますので、ぜひ初心者の方は参考にしてみてくださいね。

水彩筆の種類とは?天然毛の筆と合成繊維の筆を用途別に紹介!

水彩筆の種類と天然毛の筆と合成繊維毛の筆を用途別に紹介します。数ある水彩筆の中でどれを選べば良いのか、初心者は迷いますよね。水彩筆には天然毛と合成繊維毛と大きく2種類に分けられます。それぞれの特徴や天然筆は動物別に説明しています。また水彩筆の種類として基本的な丸筆や平筆など、どのような時に使うと便利なのかも紹介しています。水彩筆を買う前に、まずは筆のことを知ってくださいね♪初心者の方は参考にしてみてください。

水彩紙比較レビュー!身近な水彩紙5種類で試しました!

水彩紙5種類をレビュー!実際に使ってみた感想を紹介します。今回は身近に手に入りやすい5種類の水彩紙を試してみました。本格的な水彩紙というよりは、近所のお店で買えるような5種類の水彩紙です。比較の方法はにじみとグラデーションです。楽しく水彩できるなら、安い方がお得ですよね。果たして結果は・・・?初心者の方は参考にしてみてくださいね♪

透明水彩絵の具の色々~国内メーカー品を紹介します!

透明水彩絵の具の国内メーカー品について紹介します。透明水彩絵の具は、数多くの国内メーカーから販売されています。国内のメーカーのものは、手に入りやすく、高品質、そして値段もお手頃なものが多くあります。どの絵の具を買うか迷うくらいありますが、透明水彩絵の具であれば、違うメーカーの絵の具を混ぜて使っても大丈夫なので、まずは気軽に選んで使ってみましょう。それぞれのメーカーの12色セットに注目して、特徴、価格、色名を載せています。初心者の方は参考にしてみてくださいね。

透明水彩絵の具の特徴~透明水彩と不透明水彩の違いについて

透明水彩絵の具の特徴や、透明水彩と不透明水彩の違いについて紹介します。透明水彩絵の具は、何で出来ているか知っていますか?小学生の頃に、誰もが使ったことがある絵の具とは少し違います。児童用の絵の具は半透明水彩になります。透明水彩と半透明水彩、そして不透明水彩のどこがどう違うのか、また透明水彩の特徴を紹介しています。特徴を知ることで、透明水彩絵の具をさらに使いこなすことが出来ます。ぜひ作品づくりに役立ててくださいね!初心者の方は参考にしてみてください。

水彩紙~コットン+木材パルプ等の混合水彩紙を紹介(海外&国内)

水彩紙でコットン+木材パルプ等の混合水彩紙を紹介しています。日本では、コットン+木材パルプの水彩紙や木材パルプ100%の水彩紙の方が多く販売されています。手に入りやすいですし、価格もコットンパルプ100%の水彩紙よりも安く買うことが出来ます。木材パルプの水彩紙でも、良質なものが沢山あり、プロも使っているものもあります。それぞれの水彩紙の特性を知って、自分に合った水彩紙が見つかると良いですね!初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水彩紙~コットンパルプ100%の水彩紙を紹介!(海外&国内)

水彩紙でコットンパルプ100%のものを紹介しています。海外ではコットンパルプ100%の水彩紙が数多くあります。有名な水彩画家達が愛用する水彩紙や700年以上の歴史ある水彩紙など、様々な水彩紙があります。日本製のコットンパルプ100%の水彩紙は数少ないですが、手に入りやすいのと値段が手ごろというメリットもあります。各水彩紙の長所・短所も載せていますので、自分に合った水彩紙が見つかると良いですね!初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水彩紙のタイプとキメ(肌理)~用途によって使い分けると便利

水彩紙のタイプとキメ(肌理)について紹介しています。水彩紙にはスケッチブックタイプやブロックタイプと言ったタイプの違いが色々あります。それらのタイプを用途によって使い分けると安く済んだり、便利なことがあります。また水彩紙のキメ(肌理)も同様で、表面の凹凸具合の違いによって作品づくりに影響してきます。水彩紙の特徴についてあらかじめ知っておくと便利です。初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水彩紙の保存方法~水彩紙が風邪をひくとは?湿気に弱い水彩紙

水彩紙の保存方法について紹介しています。水彩紙を買ったあと、どこに置いていますか?そのままずっと置いておくと、水彩紙の特性が失われてしまいます。それはどういうことかと言うと、水彩紙は湿気に弱いのです。特に湿気の多い日本では、水彩紙は風邪をひいてしまいます。風邪をひいた水彩紙は、再び乾かしても元のようには戻りません。水彩紙が風邪をひくとはどういうことでしょうか?オススメの保存方法とは・・・?初心者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク